So-net無料ブログ作成
検索選択
赤い糸の女 あらすじ 4話 ブログトップ

赤い糸の女 あらすじ 4話

赤い糸の女 あらすじ 4話

昼ドラ 「赤い糸の女」 いよいよ2012年9月3日(月) 昼 1時30分より放送スタートです。

昼ドラ初出演で、主人公の女子大生・志村唯美を演じる三倉茉奈さん




三倉茉奈さんファンの方には気になるドラマとなりそうですね・・・

大学寮に住む唯美(三倉茉奈)。

同室の麻衣子(上野なつひ)とは親友だが、その婚約者・徳須(瀬川亮)に憧れを抱く。

そこへ芹亜(奥村佳恵)という学生が新たに同室に・・・。

さて、「赤い糸の女」 物語はどんな展開で幕を迎えるのか、あらすじ 4話の紹介です。

結納のため、麻衣子(上野なつひ)は婚約者の徳須(瀬川亮)と信州・上田の実家に帰っていった。

芹亜(奥村佳恵)から、実は徳須が、風俗店でアルバイトする彼女の常連客だと聞き、衝撃を受ける唯美(三倉茉奈)。

決して誰にも徳須との関係を口外しないよう、芹亜に迫る。  

そんな中、母・多嶺(毬谷友子)や姉・遥香(小沢真珠)が待つ実家に戻った麻衣子は、母が最近親しくしているという女性と出会う。

麻衣子はその女性が、唯美に以前写真で見せてもらった、唯美の生き別れの実母・豊子(いしのようこ)にそっくりで驚く。  

一方、唯美は芹亜から、徳須のことが好きなのではないかと指摘される。

取り乱す唯美に芹亜は、私たちは秘密で固く結ばれた仲なんだから、と笑い・・・

以上が、赤い糸の女 あらすじ 4話の紹介でした。


「赤い糸の女」の放送は毎週月曜~金曜 13:30~14:00です。

三倉茉奈さんファンの方はお見逃しのないように・・・


三倉茉奈さんに関連する商品ならAmazonがおすすめです。


★かつて東海テレビ・フジテレビ系列 昼ドラにはこんな名作があった!★




赤い糸の女 あらすじ 4話 ブログトップ
Copyright © 昼ドラ 赤い糸の女 完全攻略 All Rights Reserved.
取り外し可能なインソール

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。