So-net無料ブログ作成
赤い糸の女 あらすじ 26話 ブログトップ

赤い糸の女 あらすじ 26話

赤い糸の女 あらすじ 26話

昼ドラ 「赤い糸の女」 物語がスタートして今週は6週目に入ります。

昼ドラ初出演で、主人公の女子大生・志村唯美を演じる三倉茉奈さん




三倉茉奈さんファンの方には気になるドラマとなりそうですね・・・

今週の物語は織物工房で働き始めた唯美(三倉茉奈)は亡き麻衣子(上野なつひ)の部屋を間借りするが遥香(小沢真珠)から幽霊が出ると聞く。

唯美は工房で栃彦(加藤和樹)と出会い・・・。


さて、10月9日(火)放送の「赤い糸の女」 どんな展開となるのかあらすじ26話の紹介です。

念願かなって、信州・上田の織物作家、琴子(山口いづみ)の弟子となった唯美(三倉茉奈)だったが、近くに住む母・豊子(いしのようこ)の家ではなく、麻衣子(上野なつひ)の実家に部屋を借りて、暮らし始める。  

麻衣子の母・多嶺(毬谷友子)と姉・遥香(小沢真珠)は親切なものの、唯美が借りたのは、自らが死なせてしまった麻衣子の部屋。

よく眠れないという唯美に、遥香は、麻衣子の幽霊が出るから仲良くしてやってくれ、と笑って言い…。  

唯美は、工房で染色を担当し、自らの田畑を持ち、自給自足の生活を送る栃彦(加藤和樹)と親しくなる。

栃彦の生き方に共感し、彼のことが気になる唯美だったが、琴子から栃彦は遥香との縁談話が進んでいると言われ、必要以上に親しくしないよう釘を刺されてしまう。

以上が、赤い糸の女 あらすじ 26話の紹介でした。


「赤い糸の女」の放送は毎週月曜~金曜 13:30~14:00です。

三倉茉奈さんファンの方はお見逃しのないように・・・


三倉茉奈さんに関連する商品ならAmazonがおすすめです。


★かつて東海テレビ・フジテレビ系列 昼ドラにはこんな名作があった!★




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
赤い糸の女 あらすじ 26話 ブログトップ
Copyright © 昼ドラ 赤い糸の女 完全攻略 All Rights Reserved.
取り外し可能なインソール

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。