So-net無料ブログ作成
赤い糸の女 あらすじ 33話 ブログトップ

赤い糸の女 あらすじ 33話

赤い糸の女 あらすじ 33話

昼ドラ 「赤い糸の女」 物語がスタートして今週は7週目に入ります。

昼ドラ初出演で、主人公の女子大生・志村唯美を演じる三倉茉奈さん




三倉茉奈さんファンの方には気になるドラマとなりそうですね・・・

今週の物語は遥香(小沢真珠)に貴道家から追い出され、母・豊子(いしのようこ)のもとに身を寄せる唯美(三倉茉奈)。

娘との暮らしを望む豊子は喜ぶが、唯美にある変化が起きると・・・。


さて、10月18日(木)放送の「赤い糸の女」 どんな展開となるのかあらすじ33話の紹介です。

唯美(三倉茉奈)の子・仁奈子(大和田小巴音)が愛くるしく育つ一方、芹亜(奥村佳恵)の子・樹梨(野嶋渚央)は器量が悪く、芹亜の小さな頃にそっくり。

また、樹梨の父親は征行(石田純一)ではなく不明のままで、徳須(瀬川亮)が父親代わりとなっていた。  

唯美は自分の織った反物が都内で200万円で売れたと知り、驚きとうれしさでいっぱいに。

唯美はどんな人が買ったのかと想像を膨らませるが、その購入者は芹亜だった。

芹亜はデパートの係員に、自分が買ったことは出品者には秘密にするよう言い・・・。  

数日後、上田のホテルに高齢者向け福祉施設を開業するため、所長の徳須がやって来る。

そこでパートをしている豊子(いしのようこ)は彼の容姿にうっとり。

さらに、唯美との再会を熱望する芹亜が、副所長として上田に赴任し・・・。

以上が、赤い糸の女 あらすじ 33話の紹介でした。


「赤い糸の女」の放送は毎週月曜~金曜 13:30~14:00です。

三倉茉奈さんファンの方はお見逃しのないように・・・


三倉茉奈さんに関連する商品ならAmazonがおすすめです。


★かつて東海テレビ・フジテレビ系列 昼ドラにはこんな名作があった!★




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
赤い糸の女 あらすじ 33話 ブログトップ
Copyright © 昼ドラ 赤い糸の女 完全攻略 All Rights Reserved.
取り外し可能なインソール

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。