So-net無料ブログ作成
赤い糸の女 あらすじ 36話 ブログトップ

赤い糸の女 あらすじ 36話

赤い糸の女 あらすじ 36話

昼ドラ 「赤い糸の女」 物語がスタートして今週は7週目に入ります。

昼ドラ初出演で、主人公の女子大生・志村唯美を演じる三倉茉奈さん




三倉茉奈さんファンの方には気になるドラマとなりそうですね・・・

今週の物語は唯美(三倉茉奈)は夫・栃彦(加藤和樹)が芹亜(奥村佳恵)の仕事に関わる。

また母・豊子(いしのようこ)が急に若作りを始めたりした事に言い知れぬ不安を感じていて・・・。


さて、10月23日(火)放送の「赤い糸の女」 どんな展開となるのかあらすじ36話の紹介です。

徳須(瀬川亮)と芹亜(奥村佳恵)が経営する老人福祉施設のオープンセレモニーに行ったきり、何の連絡もない栃彦(加藤和樹)に、唯美(三倉茉奈)の頭には不吉な予感ばかりがよぎっていた。

その頃、酒に酔い、施設の部屋で一人寝入っていた栃彦。

そこへ芹亜がそっと入って来て・・・。  

一方、想いを寄せる所長の徳須とキスを交わし、舞い上がる唯美の母・豊子(いしのようこ)。

施設にいる老人たちの前で、職員・鄭(KoN)のバイオリンに合わせて、ある歌を披露する。

それも徳須から褒められた豊子は・・・。  

その徳須と関係を持ち、彼の身体が忘れられなくなってしまった遥香。

施設に預けている母・多嶺(毬谷友子)の迎えの際、徳須に話しかけようとするが、彼から目も合わせてもらえないことに苛立つ。

遥香はそのギラギラした目で徳須をにらみつけ・・・。

以上が、赤い糸の女 あらすじ 36話の紹介でした。


「赤い糸の女」の放送は毎週月曜~金曜 13:30~14:00です。

三倉茉奈さんファンの方はお見逃しのないように・・・


三倉茉奈さんに関連する商品ならAmazonがおすすめです。


★かつて東海テレビ・フジテレビ系列 昼ドラにはこんな名作があった!★




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
赤い糸の女 あらすじ 36話 ブログトップ
Copyright © 昼ドラ 赤い糸の女 完全攻略 All Rights Reserved.
取り外し可能なインソール

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。